中性脂肪を下げるDHAサプリと摂取量の目安をご紹介します!

DHAサプリ

 

人々の健康意識の高まりから昔はあまり知られていなかった成分などの効果も広く知られるようになりました、その中にはω-3脂肪酸(オメガ-3脂肪酸)であるDHAやEPAといったものもあります。

 

中性脂肪やコレステロール値を下げる働きがあることで知られているDHA(ドコサヘキサエン酸)は青魚に多く含まれる脂質です、その効果からカプセル状のDHAサプリメントやミニボトルタイプの機能性飲料として販売されています。

 

成人が摂ったほうが良いとされるDHAの量は、双子のように似ている成分であるEPA(エイコサペンタエン酸)と合わせて1日に1g(1,000mg)です、EPAと合わせての総量なのでDHA単独の場合でも1gが推奨される摂取量となります、DHAサプリで補おうとすれば、1粒あたり500mgを含むのならば2粒が目安ということになります。


DHAを摂りすぎると身体に悪いってほんと?

DHAサプリ

 

摂り過ぎについてはDHAとEPAを合わせた量で1日に3g以上は摂らないようにしたほうがよいかもしれません、DHAサプリ摂取量目安は、現実には1日に1gを目安にしていれば充分です。
DHAを一度に多く摂るよりも、それほど多くなくても毎日コンスタントにDHAとその酸化防止に役立つビタミンEやビタミンCを同時に摂るようにしたほうが健康には効果的だと言えます。

 

中性脂肪を下げる働きがあるDHAを過不足なく上手に摂って日々の健康に役立てたいものです。